日焼け止め選び、迷っていませんか?ズバリ正解をお伝えします!

紫外線の基礎知識と日焼けの関係

  • HOME »
  • 紫外線の基礎知識と日焼けの関係

紫外線を浴びることで日焼けをするということはみんな知っていることですね。

では、そもそも紫外線ってなんでしょうか?

紫外線の基礎知識と日焼けをするメカニズムを解説します。

紫外線とは?

紫外線は太陽光線の一種で、私たちに見える可視光線より波長が短くエネルギーが高い光 をさします。

紫外線は英語でUltraVioletと言いますが、その略でUVと言われます。

紫外線は波長の長さの違いからUV-A・UV-B・UV-Cの3種類に区分できますが、そのうち地上に届くのは、紫外線A波(UV-A)紫外線B波(UV-B)の2種類です。

紫外線A波(UV-A)

紫外線A波(UV-A)はエネルギーは弱いですが、お肌の奥まで届いてさまざまな悪影響を与える紫外線です。

地表に届く紫外線全体量の95%を占めています。

波長が長いので、表皮の奥の真皮まで到達し、時間をかけて肌のコラーゲンやエラスチンを破壊し、しわやたるみといった「光老化」を引き起こします。

紫外線を浴びてお肌が赤くならずに、すぐに黒く変わる即時型色素沈着はこの紫外線A波の影響です。

紫外線A波に注意が必要なのは、雲やがガラスを通り抜ける性質があるので、曇りの日や雨の日も日焼けをしてしまうところ。

また、ガラスを透過することから室内でも紫外線A波の影響を受けてしまうので注意が必要です。

日焼け止めの効果を表す指数としてPAがありますが、PAは紫外線A波を防ぐ強さを示しています。

PA+、++、+++、++++と4段階に分かれ+の数が多いほど効果が高くなっています。

紫外線B波(UV-B)

紫外線B波(UV-B)はエネルギーが強く、日焼けによってお肌がヒリヒリしたり赤くなったりする原因となる紫外線です。

地表に届く紫外線全体量の5%が紫外線B波です。

お肌の表面の細胞を傷つけ炎症を起こしたり、お肌自身を守るために皮膚を厚くしたり、メラニンを生成させシミやくすみを発生させたりします。

また、強いエネルギーの紫外線B波は表皮細胞のDNAを損傷させ皮膚がんのリスクを高めます。

日焼け止めの効果を表す指数としてSPFがありますが、SPFは紫外線B派を防ぐ強さを示しています。

SPFは最大50までありますが数値が高いほど効果が高くなっています。

日焼けには2種類あるって本当?

日焼けには皮膚が赤くなる日焼け(サンバーン)黒くなる日焼け(サンタン)の2種類があります。

影響を及ぼす紫外線の違いにより、異なった症状が皮膚に現れた結果です。

サンバーン

紫外線を浴びてすぐに現れる赤くお肌が炎症している状態をサンバーンとよびます。

お肌の表皮細胞が傷つき皮膚毛細血管が拡張して皮膚が赤くなります。

紫外線による火傷の状態で、主に紫外線B波による影響です。

アウトドアや海水浴などでお肌が真っ赤に焼けてしまう状態はサンバーンです。

サンタン

紫外線の影響を受けお肌が黑くなった状態をサンタンとよびます。

自ら紫外線を防御しようとメラニン色素が生成されて黑くなる状態がサンタンです。

紫外線A波、紫外線B波ともに影響しています。

目の日焼け

目も日焼けするって知っていましたか。

角膜や水晶体は紫外線を吸収して目を守っています。

しかし波長によっては目の奥の網膜まで届いてしまうものもあるのです。

強い紫外線により目に与えられたダメージはこのような症状となって現れます。

目の日焼けによる症状

  • 充血
  • まぶしさ
  • 乾燥
  • 痛み

 
そして、長期的に目が紫外線を浴び続けると水晶体の老化により白内障の原因なってしまうこともあるのです。

また、目が日焼けすると、脳にメラニン色素を作るように指令を出すので、お肌が日焼けしてしまいます。

せっかくお肌をUVケアしても目が日焼けしてしまうとお肌も日焼けしてしまうことに・・・

サングラスをしてしっかりと目のUVケアをしましょう!!

紫外線が多い時間帯

紫外線が多い時間帯は10時から14時です。

もちろん太陽が出ていなければ紫外線は降り注ぎませんが、日の出から日の入りまでの太陽が出ているの時間の中で、10時から14時の4時間で1日の6割の紫外線量があります。

ただし、紫外線A波は日の出から急激に紫外線量が増え、日の入りまで相当の量が降り注いでいますので、朝夕も紫外線対策は必須です。

紫外線が多い時期

紫外線が多いのはやっぱり夏 7月8月がピークです。

1年のうちで4月から増えはじめ、10月ごろまでは紫外線量が多いです。

まだあまり暑くなっていない4月はUVケアを怠りがちですが、夏の時期の8割の紫外線が降り注いでいます。

日焼けサロンでの紫外線は有害?

日焼けサロンの紫外線でもお肌の老化に影響します!!

日焼けサロンでは一般的にお肌へのダメージが少ない紫外線A波だけを照射して、メラニン色素に刺激を与えお肌を黒くします。

紫外線A波にはお肌に炎症を与えるようなダメージはありませんが、お肌を老化させるシミやしわの原因になります!

WHOでは18歳以下の日焼けサロンでの紫外線照射を禁止すべきとの勧告を出しているほどです。

紫外線と日焼けについてのポイント

  • 日焼けの原因になるの紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)
  • 紫外線A波は「光老化」を引き起こす!曇りや雨の日も注意が必要
  • 紫外線B波はエネルギーが強く赤くヒリヒリする皮膚の火傷を引き起こす
  • サンバーンは紫外線B波によるお肌が赤くなる日焼け
  • サンタンは黒くなる日焼け
  • 目の日焼けは白内障の原因に!目の日焼け=お肌の日焼け
  • 紫外線が多い時間帯 10時から14時
  • 紫外線が多い時期 4月~10月 7、8月がピーク 気温がそれほど高くない4月も紫外線が多いから要注意
  • 日焼けサロンの光は紫外線A波、しわやたるみの原因になります!
PAGETOP
Copyright © 日焼け止めの正解 All Rights Reserved.